十字架は誰の手に

¥2,000(税込)

商品説明


 マジシャンが考えた渾身のトリック。マジシャンが書いた渾身の推理小説。あなたは、このトリックを見抜けるか?
 トリックの数だけ殺意はある。謎解きに必要な手掛かりは、すべて本文の中に。(『』内は原文より抜粋)

 次々と起こる不可解な殺人事件。被害者の職業は政治家、医師、名誉教授、と社会的地位の高い者ばかり。浮上しては消えていく容疑者たち。掴みどころのない連続事件の、犯人の狙いはどこにある?

 事件の捜査に当たるのは警視庁捜査一課のキレ者警部。
『チャンスに強くピンチに強く、いつ弱いのかわからないほど頼りになる男、それが3番センター佐竹誠である』

 そして、キレ者佐竹の部下サトウヒトシ。
『『里生』と書いて『サトウ』、『陽俊』と書いて『ヒトシ』、里生陽俊というのが彼の名だ』
『小麦色の健康そうな肌や、ワックスで立ち上げた短い頭髪に加えて、これ見よがしな赤いネクタイが、さらに暑苦しいほどの熱血さを窺わせてさえいる』

 一方で、殺人と並行して起こる空き巣事件と詐欺事件。簡単な事件のはずが、その後複雑な事情に呑み込まれていく。

 空き巣を追うのは警視庁一の軽薄お気楽刑事。
『軽薄男は佐竹と里生に二丁拳銃を突きつけていた。指鉄砲で。「バ~ン」と、指鉄砲を発砲させる擬音がまた余計に軽々しい雰囲気を醸し出す』
『佐竹と同期にして、同階級の捜査三課の警部。軽薄にして不真面目であり無遠慮な上に浮気な男。それが近藤遼平41歳である』 

 近藤と捜査を共にするのは、その部下、陰気で陰鬱であり陰湿でもある若手刑事、須月。
『ヒョロリと痩せ形の、色白で不健康そうな若い刑事だった。頭髪は無精にもピン撥ねし、サイズが合わないスーツは、着ているというより着られている感がある。言ってみれば、ネガティブ芸人を思わせるような出で立ちである』
『『スズキ』ではありません。『スヅキ』です』


 錯綜する事件。湧き上がる疑惑。迷走する推理。
『ダイイングメッセージだ』
『今回は計画的じゃなかったんじゃないでしょうか』
『アリバイがあり――中略――凶器を持っていなかったということだ』
『おおよそ、どこに金品をしまってるか、予想がついてるのさ』
『不審な動きをしていたからさ、職質かけたら走って逃げたワケ』
『殺して英雄気取りにでもなっているんだろう』
『「左利きだというハンデをものともしない様子だよ」「左利き?」』
『じゃあ証拠を出せよ。証拠がないなら帰ってくれ』
『おっ。それってミッシングリンクってことね』

 そして、数々の事件がひとつに収束する。
『一課と二課と三課の事件が繋がっちゃったよ』

 この事件の犯人は?不可能を可能にするトリックとは?容疑者たちの奇妙な行動の理由は?散りばめられた伏線のすべてが、解決編で明らかになる。
 読み終えたとき、マジシャンが考えたトリックのすべてが明らかに。
 答えを知って「なぁんだ」とは言わせません。必ず「あー!なるほど!こう繋がるのか!」という爽快感をお届けします。



作者紹介
 廣木涼。クロースアップマジシャン。
 2015年にマジシャンとしてデビュー。ストリートでのクロースアップマジックを本職とし、2015年には、国内3都市、ヨーロッパ5ヶ国6都市、2016年にはオーストラリア、アメリカでも活動。
 元サラリーマン研究者。専門は有機化学。

著者名


廣木涼

販売者


廣木涼

関連URL


http://blog.livedoor.jp/hiroki_ryoo/

書籍情報


製本サイズ:A6
ページ数:352
表紙加工:カラー
本文カラー:モノクロ
綴じ方:無線綴じ