入稿ガイド

HOME > 入稿ガイド > 【お持ちのPDFが使えるかチェック】

原稿PDFを既にお持ちの方は、以下の表より、製本直送でご利用いただけるかご確認ください。

判定 ご用意いただくもの オススメコース
・製本するPDFファイル

表紙不要コース

表紙自動コース

・製本する本文PDFファイル
・表紙用画像(又はPDF)
表紙作成コース

※PDFx-1a(PDFx3)に準拠していないPDFの場合、製本時に色味が変わる場合があります。

詳細仕様

入稿可能なデータ PDFファイル
ご利用いただけないデータ ・パスワードなどセキュリティのかかったPDFファイル
・既にトンボ(トリムマーク)がついたPDFファイル
印刷規格 PDFx-1a / PDFx3
※規格に準拠していない場合も印刷可能ですが、文字化けや画像抜け等、意図しないエラーが発生する可能性があります。
トンボについて 製本直送.comでは入稿時に自動でトンボが付加されます。
既にトンボが原稿に入っている場合、トンボが二重になりますので、トンボを外してご入稿ください。
カラーについて カラー/モノクロ(グレースケール含む)がご利用可能です。
カラーモードは、『CMYK』となります。

※元原稿がRGBカラーの場合、印刷機内でCMYKカラーに変換されます。
※本文と表紙で別々にカラーを選択できます。
※本文がカラー、モノクロ混在のデータをカラー製本する場合は、カラー料金となります。
※カラーデータを入稿しても、注文時にモノクロを選択した場合は、モノクロ印刷になります。
※データをグレースケールで入稿して、モノクロを選択した場合、グレースケールで印刷されます。
製本可能サイズ A4/A5/B5/B6/A6/新書版/特殊サイズ

※特殊サイズについて
 縦幅→『148mm~297mm』から任意のサイズを選択頂けます。
 横幅→『(210mm),A5(148mm),A6(105mm),B5(182mm),B6(128mm),新書判(113mm)』の中から選択頂けます。

※入稿したデータが製本サイズと異なる場合、自動で選択したサイズに変換されます。
ページ数について ・無線綴じ製本→本文20P~500Pまで
・中綴じ製本 →本文4P~48Pまで

※表紙、裏表紙はページ数に含みません。
※表紙の裏、裏表紙の裏への印刷は出来ません。
用紙の種類について ・本文用紙は、以下のページで、『用紙の特徴を見る』をご参照下さい。
http://www.seichoku.com/user_data/moneyPlan.php

・表紙に利用する用紙は、【アイベストW】となります。
 無線綴じの場合は、「硬め」、「柔らかめ」を選択出来ます。
ラミネート加工について ・表紙はラミネート加工を追加出来ます。
マット加工/グロス加工 の2種類から選択できます。

※ニス加工は対応しておりません。
※表紙が全面塗りつぶしされている場合、ラミネート加工をお受けできない場合がございます。
あそび紙について ・オプションであそび紙を選択できます。
・あそび紙は、アイボリー/水色 の2種類から選択できます。
塗り足しについて 塗り足しあり、なしのデータに対応しています。

※ページ端までコンテンツをレイアウトしている場合は、「塗り足しあり」を選択して下さい。
※塗り足し領域は上下左右各3mmずつ設定してください。
※見開きページの場合も、ノド側(ページ内側)に塗り足しを設定して下さい。
※端までデザインされたデータで塗り足しがない場合でも製本できますが、
外枠に余分な白場が残る場合があります。
綴じ代(とじしろ)について ・無線綴じ製本、かつ全面印刷(ページ全体に塗りつぶし)を行うデータは、ノド側(ページ内側)に 綴じ代が必須となります。
・綴じ代は、仕上がり線より1.5mm(塗り足し領域含めて4.5mm)程度、白抜きとしてください。
・見開きページの場合、綴じ代は不要です。

※無線綴じ製本、かつ全面印刷で、綴じ代が設定されていない場合、落丁の要因となります。
※使用する用紙によっては落丁が起こりやすくなるため、製本をお断りする場合があります
注文冊数/製本代金について ・1冊からご注文可能です。
・オフセット印刷を利用した大量部数も承ります。

料金計算は「料金シュミレーター」をご利用下さい。
http://www.seichoku.com/user_data/moneyPlan.php

特殊製本についてはこちらをご確認ください。
PDFファイルに関するその他注意事項 ・フォントの埋め込み/アウトライン化は必須です。
・PDFは一つに統合して下さい。
・レイヤーは全て統合してください。
・透明効果は分割・統合処理が必要です。
その他 ※表紙のカバーには、現時点では対応しておりません。
※ISBNコードの取得は、ご自身でご対応下さい。
※ノンブルが必要な場合は予め本文に設定してください。