入稿ガイド

HOME > 入稿ガイド > 【表紙不要コース】-【本文作成・入稿ガイド】

  • ページの端まで画像を配置しない場合
    (塗り足し無し)
  • ページの端まで画像を配置する場合
    (塗り足し有り)
  • 1. Wordの「ページレイアウト」タブをクリック。「サイズ」を選んで作成したいサイズを選択します。

    2. 「ページレイアウト」タブの「余白」を選択します。この中から「ユーザー設定の余白」を選択します。

    3. 余白は、上下左右3mm~20mm程度、とじしろは0mmに設定してください。

    4. 余白の設定値によっては以下のようなエラーメッセージが表示されますが、「無視」をクリックしてください。

    5. 通常のWordの操作で原稿を書きます。
     ※できればページ数を4の倍数にして下さい。4の倍数でない場合、製本時にページの最後に白紙が挿入されます。

    ※以下の設定は製本時にトラブルが発生する可能性が高いため、ご利用はお控えください。
      ・太字・斜体等、枠付け等、フォントに対する装飾
      ・無料で配布されている特殊フォント/埋め込みが出来ないフォントの利用
      ・透明効果が利用された装飾(グラデーション効果や影付き、ぼかし、ワードアート等)

    【画像を配置する場合の注意点】

    ・画像の解像度は、300dpi以上のものをできるだけご使用ください。
     モノクロ2階調の場合:1200dpiを推奨します。
     解像度が低い場合、仕上がりが粗くなってしまいますのでご注意ください。
    ・画像の解像度はファイルを右クリックして、「プロパティ」→「詳細」タブから調べられます。(Windowsの場合)

    ・画像を任意の個所に配置したい場合は、以下の設定を行ってください。
       配置した画像を右クリック>文字列の折り返し>背面(または前面)
     この設定により、配置した画像を任意の個所にレイアウトできます。

    6. 本文が完成したらPDFファイルに変換します。

    【Adobe Acrobatをお持ちの場合】

    【Adobe Acrobatをお持ちでないの場合】

    (1) [Acrobat]タブ→[環境設定]をクリック

    (2) 設定画面が開くと、[PDF設定]で「PDF/X-1a2001(日本)」を選択

    (3) 前の画面に戻って、[PDFを作成]をクリック

    以上でPDFファイルの原稿が完成です。

    (ご確認下さい)
    CubePDFやその他無料ソフトウェアで出力したPDFは印刷規格に完全準拠しておりません。
    印刷規格に完全準拠していなくても入稿可能ですが、文字化けやその他意図しないエラーが発生する場合があります。
    印刷規格に準拠した形式で出力できない場合は、弊社にご依頼頂ければ変換作業を行います。
    ご希望の場合は、以下のリンクからご依頼下さい。
    マイページ>作業依頼フォーム
    ※編集内容によっては作業代金が発生します。

    (1) 「CubePDF」を使ってPDFを作成します。
      「CubePDF」をお持ちでない方は、下記のリンクより「CubePDF」をダウンロードしてインストールを行ってください。

      CubePDF

    (2) Wordを開き、「ファイル」タブをクリックし、「印刷」を選択します。
      プリンターを「CubePDF」にして、「印刷」ボタンを押します。

    (3) しばらくすると(多少時間が掛かります)、CubePDFが立ち上がり、変換設定のダイアログが表示されます。
      ファイルタイプが「PDF」、PDFバーションを「1.3」を選択して下さい。
      確認したら、出力ファイル欄でファイルの保存先を指定し、「変換」を押します。

    (4) 保存したPDFファイルをAdobe Readerで開いて、文字ズレや画像の抜けがないかどうか確認してください。
      また、フォントが埋め込まれているか必ずご確認ください。

    以上でPDFファイルの原稿が完成です。

    7. PDFが完成したら、マイページより、「表紙不要コース」を選んでご入稿下さい。

    トップに戻る

  • 1. Wordの「ページレイアウト」タブをクリックし、「その他の用紙サイズ」を選択。

    2. 「用紙サイズ」のところで、ご希望の用紙サイズを選択し、「幅」/「高さ」とも6mm加えた数値に変更してください。

    3. 「ページレイアウト」タブの「余白」を選択します。この中から「ユーザー設定の余白」を選択します。

    4. 余白は、上下左右6mm~20mm程度、とじしろは0mmに設定してください。


    <塗り足しと余白の関係>

    5. 余白の設定値によっては以下のようなエラーメッセージが表示されますが、「無視」をクリックしてください。

    6. 通常のWordの操作で原稿を書きます。
     ※ページ数が4の倍数になるようご留意下さい。ならない場合は、ページの最後に白紙を挿入して下さい。

    ※以下の設定は製本時にトラブルが発生する可能性が高いため、ご利用はお控えください。
      ・太字・斜体等、枠付け等、フォントに対する装飾
      ・無料で配布されている特殊フォント/埋め込みが出来ないフォントの利用
      ・透明効果が利用された装飾(グラデーション効果や影付き、ぼかし、ワードアート等)

    【画像を配置する場合の注意点】

    ・画像の解像度は、300dpi以上のものをできるだけご使用ください。
     モノクロ2階調の場合:1200dpiを推奨します。
     解像度が低い場合、仕上がりが粗くなってしまいますのでご注意ください。
    ・画像の解像度はファイルを右クリックして、「プロパティ」→「詳細」タブから調べられます。(Windowsの場合)

    ・画像を余白より外側、または任意の個所に配置したい場合は、以下の設定を行ってください。
       配置した画像を右クリック>文字列の折り返し>背面(または前面)
     この設定により、配置した画像を任意の個所にレイアウトできます。

    7. 本文が完成したらPDFファイルに変換します。

    【Adobe Acrobatをお持ちの場合】

    【Adobe Acrobatをお持ちでないの場合】

    (1) [Acrobat]タブ→[環境設定]をクリック

    (2) 設定画面が開くと、[PDF設定]で「PDF/X-1a2001(日本)」を選択

    (3) 前の画面に戻って、[PDFを作成]をクリック

    以上でPDFファイルの原稿が完成です。

    (ご確認下さい)
    CubePDFやその他無料ソフトウェアで出力したPDFは印刷規格に完全準拠しておりません。
    印刷規格に完全準拠していなくても入稿可能ですが、文字化けやその他意図しないエラーが発生する場合があります。
    印刷規格に準拠した形式で出力できない場合は、弊社にご依頼頂ければ変換作業を行います。
    ご希望の場合は、以下のリンクからご依頼下さい。
    マイページ>作業依頼フォーム
    ※編集内容によっては作業代金が発生します。

    (1) 「CubePDF」を使ってPDFを作成します。
      「CubePDF」をお持ちでない方は、下記のリンクより「CubePDF」をダウンロードしてインストールを行ってください。

      CubePDF

    (2) Wordを開き、「ファイル」タブをクリックし、「印刷」を選択します。
      プリンターを「CubePDF」にして、「印刷」ボタンを押します。

    (3) しばらくすると(多少時間が掛かります)、CubePDFが立ち上がり、変換設定のダイアログが表示されます。
      ファイルタイプが「PDF」、PDFバーションを「1.3」を選択して下さい。
      確認したら、出力ファイル欄でファイルの保存先を指定し、「変換」を押します。

    (4) 保存したPDFファイルをAdobe Readerで開いて、文字ズレや画像の抜けがないかどうか確認してください。
      また、フォントが埋め込まれているか必ずご確認ください。

    以上でPDFファイルの原稿が完成です。

    8. PDFが完成したら、マイページより、「表紙不要コース」を選んでご入稿下さい。

    トップに戻る