入稿ガイド

HOME > 入稿ガイド > 【表紙作成コース】-【表紙作成】-【イラストレーター】

※以下ではAdobe Illustrator CS5を例に説明します。

※製本直送.comの表紙に、トンボは不要です。

※以下ではjpgの表紙を作成しますが、PDF形式の表紙も利用可能です。

事前準備≫ 下部ガイドを読む前に、下のツールで表紙のサイズを計算してください。計算結果の数値を下部のガイドの中で使用します。

表紙用画像サイズ計算ツール

※背表紙の横幅は、[本文用紙の種類] と [本文ページ数] とによって決まります。
本文の作成がまだの方は、表紙より先に本文を作成し、本文ページ数を確定してください。

  • 製本サイズ 


  • 本文用紙  [用紙の詳細を見る](開閉)

  • 本文のページ数   ページ

計算結果(※①~③の部分)

製本サイズ
A4
全体サイズ
(横×縦)
表紙サイズ
(横×縦)
背表紙の幅

※上記①から③の数値は、後ほど下で使用します。

2. 「ファイル」から「新規」を選択し、「新規ドキュメント」を作成します。
  以下のように設定して「OK」をクリックしてください。

3. ドキュメントが開きます。

4. この状態では背表紙の位置がわからないので、ガイドを作成します。
 「長方形ツール」をクリックし、上記②の表紙サイズの長方形を2つ作成し、それぞれをアートボードの左端・右端に配置します。

5. 2つの長方形を選択し、[表示]→[ガイド]→[ガイドを作成]を順にクリックします。

6. 長方形がガイドに変わりました。

7. [表示]→[ガイド]→[ガイドをロック]を順にクリックし、ガイドを固定します。

8. ガイドが作成されました。あとはガイドに沿って、表紙・裏表紙・背表紙を作成してください。

【背表紙のデザインについて】

ガイドの背表紙の幅は、あくまでも目安となります。
背表紙をガイドの幅一杯までデザインしますと、製本した際、表紙やウラ背表紙にデザインがかかってしまう場合がございます。
背表紙は、ガイドの幅一杯までデザインせず、左右1.5mm程度の余白を取っていただけますようお願いします。

【画像を配置する場合の注意点】

画像を配置する場合は、解像度300dpi~350dpi以上のものをご使用ください。

【表紙にラミネート加工をする場合の注意点】

表紙にラミネート加工を行う場合、表紙の全面に着色がされたデザインの場合、紙とラミネートがしっかりと圧着しない場合があります。
ラミネート加工をする場合は、表紙面積の20%程度は白抜き(インクが付かない)の空間を含めてデザインして頂けますようお願いします。

9. 完成したらJPG画像で保存します。
 [ファイル]→[書き出し]を選択します。

10. ファイルの種類で「JPEG(*.JPG)」を選択し、ファイル名を入力して保存します。

11. オプション画面が表示されます。以下の画像のように設定して、「OK」をクリックしてください。

12. 以上で表紙画像が完成しました。

  続いて、製本直送.comに表紙を入稿します。
  製本直送.comのマイページにログインし、「表紙作成」を選択します。

13. 「表紙を新規作成する」の下に必要情報を入力し、「Step2へ」を押します。

14. 「別のソフトで作成した画像をそのまま表紙として入稿する」をクリック。

15. ポップアップ画面が立ち上がりますので、「ファイルを選択」をクリック。

16. [10]で保存したファイルを選び、「開く」をクリック。

17. [15]の画面に戻りますので、「確認画面へ」をクリック。

18. 表紙が開きます。問題がなければ、画面左下の「ダウンロード/保存」をクリック。

19. 表紙名を入力し、「保存」をクリックします。

以上で表紙の登録が完了です。

20. 本文のPDFも完成すると、マイページより、「表紙作成コース」を選んで下さい。

21. 表紙を作成済みかどうかの確認画面が表示されますので、「表示作成・登録済み」をクリック。

22. Step2「表紙を選択」のところで、保存した表紙がプルダウンの一覧に表示されますので、使用する表紙を選択。

※Step1で選択したサイズと異なるサイズの表紙は、プルダウンに表示されません。

23. Step4「裁断位置を選ぶ」のところでは、「塗り足しあり」を選択。

後は、画面の指示に従って、ご入稿下さい。

トップに戻る