入稿ガイド

HOME > 入稿ガイド > 【表紙作成コース】-【本文作成・入稿】-【イラストレーター】

・見開きの表紙画像(PDFも可)と、本文用PDF原稿の2つが必要です。
・見開きの表紙画像の作成方法は、【入稿ガイド】-【表紙作成コース】-【表紙作成】をご覧下さい

※以下ではAdobe Illustrator CS5を例に説明します。

※製本直送.comの原稿では、トンボは不要です。

1. ドキュメントを作成する前に、「編集」から「カラー設定」を選択し、
  作業用CMYKが「Japan Color 2001 Coated」になっていることを確認してください。

2. 「ファイル」から「新規」を選択し、「新規ドキュメント」を作成します。
  以下のように設定して「OK」をクリックしてください。

3. ドキュメントが開きます。

4. 入稿データを作成します。

【画像を配置する場合の注意点】

画像を配置する場合は、配置後、「埋め込み」ボタンを押して画像を埋め込んでください。
また、解像度300dpi~350dpi以上のものをご使用ください。

【フォントに関する注意点】

Illustrator CS4以降では、フォントを埋め込んでPDFを作成できますが、一部のフォントでは埋め込みができません。
以下の手順に従って確認をお願いします。

(1)「書式」→「フォント検索」を選択します。

(2)ファイルで使われているフォントの一覧が表示されます。

・フォント名が<>で囲われているフォントはPDFに埋め込みできませんので、アウトライン化してください。
TrueTypeフォントの場合、フォントによってはPDFに埋め込みできないものがあります。
 後述する手順で、完成後のPDFファイルを見て、埋め込みできていない場合は、アウトライン化してください。

<テキストのアウトライン化方法>

【ページ数についての注意事項】

※無線綴じ(背表紙のりづけ)の場合 [開閉]

無線綴じの場合、右図のように1枚の用紙から8ページ分が印刷・裁断されます。
よって、本文のページ数が8の倍数でない場合、最終ページの後ろに白紙が追加されます。
ただし、複数冊同時にご注文いただいた場合は、連続して印刷しますので、白紙は入りません。

 (例1)本文6ページで1冊注文した場合
  →最後のページに1枚(2ページ分)、白紙が入ります。

 (例2)本文6ページで2冊注文した場合
  →複数冊注文の場合、白紙は入りません。

※中綴じ(ホッチキス留め)の場合 [開閉]

中綴じの場合、1枚の用紙に4ページ分印刷されますので、
本文のページ数が4の倍数でない場合は、後ろに空白ページが追加されます。

5. 完成したらPDFファイルに変換します。

 「ファイル」→「別名で保存」を選択します。

5-1. 「ファイル」→「別名で保存」を選択します。

5-2. 保存設定画面が表示されます。
  「一般」メニューを選択し、 Adobe PDFプリセットを「PDF/X-1a:2001(日本)」に設定します。

5-3. 続いて「トンボと裁ち落とし」メニューを選択し、裁ち落としの値を全て3mmに設定します。

5-4. 以下のようなダイアログが表示される場合は、そのまま「OK」をクリック。

 以上でPDFの完成です。保存したPDFファイルをAdobe Readerで開いて、文字ズレや画像の抜けがないかどうか確認してください。

 また、フォントが埋め込まれているか必ずご確認ください。

【複数のPDFを1つにまとめる方法について】

PDFファイルをご入稿いただく際、全てのページを、1つのPDFファイルにまとめておく必要があります。

上記手順2で「アートボード」の数を設定しファイルを保存しますと、設定した枚数分のページを含むPDFファイルが作成されます。できるだけこの方法で、PDFファイルを作成いただけますようお願い致します。

やむを得ず、別々のPDFファイルを1つのPDFファイルに結合する場合は、「CubePDF Page」等のフリーソフトを使って結合することができます。
「CubePDF Page」のインストールはこちら

※「CubePDF Page」を使ってPDFファイルを結合しますと、印刷規格に準拠しないPDFファイルとなります。
「CubePDF Page」を使ったことにより何か不具合が生じた場合でも、一切の保証は行うことができませんので、予めご了承下さい。

5. 本文PDFと表紙用画像が完成したら、マイページより、「表紙作成コース」を選んでご入稿下さい。

トップに戻る